絹のような滑らか仕上げ【ニキビ跡のクレーターを改善しましょう】

医者

簡単な方法を選択しよう

顔の手入れ

大阪でにきび跡を消したいという場合には、最寄りの美容整形外科を調べてみることが一番です。実績があり、評判のいいところを選択します。ある程度の薄さになれば、メイクでごまかすことも可能です。薄くすることを目標とするといいかもしれません。

More Detail

肌に潤いを

フェイス

しわを消し去ってしまう方法に、コラーゲンやヒアルロン酸を注射で肌に注入する方法がとられています。これは手軽で簡単に行うことができますので、福岡でも多くの人がこの方法で治療を行っています。ある程度の知識を持ってこの治療を行ってください。

More Detail

肌の美しさを維持する方法

スキンケア

年齢を感じさせてしまう要素にはシミやしわなどがあります。これは一般的な生活を送っていても出るのです。そんなしみやしわの対策していく方法は多数あります。その対策と言えるのにはシミ自体を取り除く治療法です。

More Detail

肌の凹凸をきれいにする

スキンケア

ニキビが治っても残る跡

ニキビができてしまってから、治った後にニキビ跡が残ってしまう可能性があります。ニキビは皮膚が炎症を起こしている状態なので、これがきれいになくならなければ跡が残ってしまいます。どのような跡かというと、肌の表面にクレーターと呼ばれる凹凸ができてしまう状態です。このクレーターはこのままだと治ることはないので、ニキビ跡で悩んでしまう人がたくさんいるのです。このニキビ跡を目立たなくしていくには、専門のクリニックでレーザー治療またはピーリングを受けていくことが効果的です。レーザーやピーリングも同様に、肌の新陳代謝を促して新しい肌を出していくので、クレーターも次第に目立たなくなっていきます。ニキビ跡で目立つクレーターには、このような治療できれいな肌を目指していくことができます。

術後の肌ケア

このニキビ跡の治療を受けていくには、術後の肌ケアにも気を付けなくてはいけません。レーザーやピーリングは古い肌から新しい肌の再生を促すので、肌への負担も少々あります。そのため、保湿を十分に行い、紫外線に当たることも控えるようにしなければいけません。このような管理はクリニックのスタッフが指導してくれるので、それに従っていくようにすれば問題ありません。何か肌トラブルを起こしてしまったのならば、スタッフに相談して対応を聞いていくようにしましょう。このような施術を複数回繰り返していくので、その間は肌ケアを慎重に行うようにします。こうすることで肌の負担を極力減らしていき、同時にクレーターも自然と消えていくようになります。クリニックでの効果ももちろんですが、普段のケアの仕方にも肌の状態に現れてきます。

ニキビ跡として残る可能性

ニキビが治ったとしても安心できません。その後にはニキビ跡が待ち受けているのです。もちろん、出来物があるからと言って必ず跡が残るとは言い切れません。潰したりイジったりすればバイキンが入り、荒れやすくなります。症状が酷くなれば酷くなるほど、ニキビ跡として残る可能性は高くなるので要注意です。しかし、最近ではレーザーによって無かった事にしてくれるので、あまりにも悩んでいるのであれば美容整形を検討してみましょう。